古本政博

  • 2014年 卒業
  • 2016年 修士課程修了
  • 2018年 博士後期課程修了
  • 2016年4月~2017年3月 統計数理研究所特別共同利用研究員
  • 2018年4月~ 日本学術振興会特別研究員(DC2→PD)
  • 第二級陸上特殊無線技士

研究テーマ

  • 摂動力を利用したテザー伸展(学部)
    • 親機と子機の物理特性を変化させることで受動的なテザー伸展が可能であることをシミュレーションにより検証した
  • 軌道上観測により検出し得る微小デブリ軌道の特性(修士課程)
    • 微小デブリの軌道上観測(IDEA)において,検出され得るデブリの軌道面がシンプルな方程式によって拘束されることを示した 
      また,数値シミュレーションによらず衝突フラックスを近似的に求める手法を導入した
    • Orbital plane constraint applicable for in-situ measurement of sub-millimeter-size debris
      • Masahiro Furumoto, Koki Fujita, Toshiya Hanada, Haruhisa Matsumoto, Yukihito Kitazawa
      • Advances in Space Research, Vol.59, No.6, 2017, pp.1599-1606.
  • 軌道上観測による微小デブリの環境推定モデル(博士後期課程)
    • 粒子フィルタ(逐次モンテカルロフィルタ)を用いて軌道上観測データからデブリ環境を動的に推定するモデルの構築に取り組んでいる
    • Environmental Estimation on Sub-millimeter-size Debris Using In-situ Measurement Data
      • Masahiro Furumoto, Shin’ya Nakano, Koki Fujita, Toshiya Hanada
      • The 31st International Symposium on Space Technology and Science, Matsuyama-Ehime, June 3-9, 2017, Paper 2017-r-30
    • An Environmental Estimation Model for In-situ Measurements of Small Space Debris
      • Masahiro Furumoto, Toshiya Hanada
      • accepted for publication in Advances in Space Research